家庭菜園の人気者!トマトの気になる育て方をご紹介!|Gardening Is Good

手軽に育てられる

近年、ベランダ菜園などが人気となっていますよね。中には、手軽に始められるなら始めようと思っている方は多いのでは無いでしょうか。しかし、家庭菜園向きの作物は多く悩んでしまうもの。そこでオススメなのがトマトです。トマトは、初心者でも簡単に栽培する事が出来る野菜です。是非、この際にトマトを育ててみてはいかがでしょうか。

トマト栽培QA

プランターで育てても大丈夫ですか

トマトはプランターで栽培しても大丈夫な野菜です。しかし、大玉トマト以外のミニトマト、中玉トマトに限ります。用意するプランターは少し大きめのプランターを用意すると良いでしょう。

プランター栽培の場合は水やりはどのように行えばいいですか?

まだ小さい場合は朝のみにして、大きくなってきた頃には朝、夕方2回水やりをしてあげると良いでしょう。晴れた日は特にたっぷり、葉の方ではなく、根元に水やりをして下さい。

トマトはどれくらい日を当てれば良いのでしょうか。

トマトは、最低でも6時間日に当てて上げたほうが良いと言われています。プランターの場合は日当たりに合わせて位置を変えるか、そのまま植える場合は日当たりがいい場所に植えてあげるとすくすく育つでしょう。

トマト

大事な行程

農業・ガーデニングの経験あり・なしに関わらず、まずはトマトを種から育てるのか、苗から育てるのかを決めます。育て方には鉢やプランターを利用する場合と、菜園などの畑を利用する2択があり、トマトを上手に育てるには、天候と水やり、栽培土壌の3つの要素が必要です。また、種類によって一概にいえませんが、一般的にトマトの定植期は4月から5月、生育期は5月から6月、そして収穫期は7月から8月といわれています。活着してからは、芽かきの作業であったり、着果促進のための作業だったり、支柱立てや追肥など、トマトにとって大事な行程があるため、ここを疎かにしなければしっかりしたトマトが育つといわれています。ちなみに、生育不良は病気とは違い伝染はしませんが、日照不足や寒冷などの天候不順が考えられるので、場所を移して観察しやすいように鉢での育て方が適しているようです。

相談をすること

農作業の経験がなくとも、トマトなどの作物は手軽に栽培ができ、活着しやすい苗からの育て方が初心者には向いています。育て方については、苗を購入したお店のスタッフにアドバイスをもらうのも一つの手です。というのも、トマトは生育不良になりがちで、同じ時期に着果した実にはほぼ同じような症状が現れてしまいます。もしもこれらの症状が出ても、すぐに対応すれば収穫に影響はありません。生育不良の原因は、乾燥や多湿、寒冷などが考えられており、北と南などの地域によって対処法も違っています。だからこそ、地域に根付いた専門家からアドバイスを受けておきましょう。また、発生したら早急に病変部を取り除き、農薬の散布が必要となるのが病虫被害で、他の株や作物に伝染してしまうのも知っておきましょう。詳しい病虫害についてや殺菌剤の種類は、苗を購入したお店や園芸店でも相談できますが、毎日観察していれば病虫をいち早く見つけて対処できます。

広告募集中